お金借りるなら即日融資のカードローンが人気

カードローンのイメージ

お金借りるなら、安心の大手カードローンが即日融資にも対応しているので人気です。

 

最短30分で審査結果が分かり、早ければ1時間後には口座にお金を振り込んでくれます。

 

突然の飲み会や不慮の医療費、急な結婚式やお葬式などの冠婚葬祭など、私たちの生活には突然の出費が付き物です。お金が足りない!という時に、友だちや親にお金を借りるのも一つの選択肢ですが、どうしても負い目を感じてしまうのが人間です。

 

カードローンを使えば、そんな引け目を感じることもありません。

 

今や1000万人が利用しているとも言われているカードローンです。

 

テレビCMをやっているような大手であれば、法律を遵守した貸付を行っているので、初めてお金を借りる人でも心配は要りません。

 

来店不要でスマホだけで申込が完結できるので、急にお金を借りるという時に非常に便利です。

 

即日融資にも対応している大手のカードローンのみを掲載しているので、ぜひ参考にして下さいね。

 

お金借りるのに人気〜即日対応している安心の大手カードローンランキング

業界最大手+無利息のアコム

アコムイメージ

アコムが選ばれる理由

業界最大手のアコムは、初めての方は最大30日間無利息+最短30分審査という抜群のサービス力と知名度、安心感で堂々のナンバーワン。電話対応をしてくれるオペレーターが親切で丁寧というユーザーの声も多い。
楽天銀行なら24時間振込みOK、ゆうちょ銀行には振り込み時間延長のサービスも喜ばれているポイント。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 初めての方は最大30日間・年利3.0〜18.0%
収入証明書 50万円以下は不要
夕方以降ならプロミス

プロミスイメージ

プロミスが選ばれる理由

プロミスが夕方以降に強いのは、利用できるローン契約機の台数が圧倒的に多い点。プロミスの申し込みであっても三井住友銀行のローン契約機も使えるので、自宅・会社・外出先のどこにいても近くに契約機がある可能性が非常に高い。
また、プロミスにしかない「瞬フリ(振込キャッシング)」を利用すれば、三井住友銀行orジャパンネット銀行口座に土日祝でも22時までに契約完了で24時間振込してくれるので、これを利用する人も多い。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 初めての方は最大30日間※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要・年利4.5〜17.8%
収入証明書 50万円以下は不要

 

お金を借りるのに大事なスピード感

頭を抱える女性イメージ

今日中にお金を借りたいという即日融資を希望するなら、確認しておきたいポイントは、どのくらい待てば審査の合否を伝えてもらえるのかということ。

 

昔と違って今ではカードローン会社の大半が迅速な審査を心がけているので、早いところだと最短30分で分かるところもあります。銀行のカードローンでは厳しく審査するので、なかなか審査が終わらないというような口コミも多々あります。

 

銀行カードローンは金利の低さが自慢なので、消費者金融系と比べると審査がその分厳しいというマイナス評価ポイントです。逆に、消費者金融系のカードローンの場合には審査結果が早く分かるので、即日キャッシングが必要なときにメリットを受けられるカードローンです。

 

100万円や200万円といった一気に高額の借り入れの場合は、掛かる金利はまずチェックする必要のある部分です。元金が高額であればあるほど、金利の値が数パーセント異なるだけで支払い利息がかなり変わりますからね。

 

逆に、借入金額が数十万円で済むケースや即日融資が重要なケースでは、金利負担が銀行系より多くなりますが審査スピードの早さがメリットである消費者金融が最良の選択となります。キャッシングをするその時々の金額や目的に応じて借入先を選びましょう。

 

即日融資でお金を借りるなら

即日融資が望みであれば、最初にネット申し込みからスタートしましょう。現金の受け取り方は銀行口座へ振り込んでもらうか自動契約機に入って現金を受け取る2つからの選択が可能です。

 

口座振込みを選択した場合、楽天銀行などのネットバンクであれば時間帯を気にすることなくすぐ入金が確認できますが、入金先として通常の金融機関を選んでしまうと振込時間によってはすぐに反映されないことがあります。振込タイミングが夕方になると、実際に自分の口座に入金が完了するのは困ったことに翌営業日となります。

 

こうしたことから有人店舗の営業時間が終了した後の即日融資なら自動契約機(無人契約機)を活用しましょう。あらかじめネットを通じて申し込みを行い無人機で所定の手続きを済ませれば、カード発行がすぐに行われて現金を貸してもらえます。

 

限度額50万円以下の場合は収入証明書は不要なので、手軽に借りることができます。このやり方を覚えておけば、出張などで遠方にいるときなどで現金が必要になったケースとき、銀行からの振り込みだと当日は間に合わない時間でもお金を借りることができます。

 

まずはネット申し込みをしてから、自動契約機にカードを発行させるのが最も早く現金を手にできます。消費者金融の中でも大手であれば、自動契約機を使えば夜間でも借り入れができます。午後3時以降でもお金をその日に融資してほしいと考えた際には、ネット申し込みをしてから近くの無人機へ行きましょう。

 

即日発行のクレジットカードのキャッシング枠で借りる方法

お金を借りるのに冒頭で紹介したカードローンを利用するのも一つですが、クレジットカードに付帯しているキャッシング枠を使うという方法もあります。

 

既にお手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が設定されていない場合は、アコムが即日発行しているACマスターカードに申し込めば、最短30分で審査をしてくれます。

 

通常のクレジットカードでは審査からカード発行まで10日前後かかりますが、アコムのカードであれば最短即日発行という断トツのスピードです。

 

年会費は無料、ブランドはMasterCard、キャッシング枠付帯というACマスターカード。

 

ちなみに見た目も普通のクレジットカードと特に大きな違いはありません。

 

ACマスターカード

 

これなら財布に忍ばせておいても怪しまれることはありません。

 

ACマスターカードの詳細を見てみる→

借りるだけじゃダメ!返済にまつわる基礎知識

驚いている女性イメージ

お金を借りたら、次に待っているのは返済です。基本的には、大手であれば自分にあった方法を選んで返済ができます。

 

借りたお金を受け取るまではそんなに面倒ではないですが、返済が大切なのです。後で厄介なことにならない為にも、返済にまつわる基本的な知識を覚えておきましょう。

 

一般的なカードローン会社において、は口座からの直接引き落としかATMでの返済する方法が選べます。どちらにしても月々の返済期日に月の最低の返済額以上を返さなければいけません。

 

多くの人がここまでは知っていることだと思います。ですが利息を減らす為に、早期に返済を済ませる繰上げ返済について聞いたことはあるでしょうか?

 

元金を減らしていけば最終的に支払う利息の総額が減りますからね。まずほとんどのキャッシングで繰り上げ返済ができるようになっています。

 

ただ、繰上げ返済をすることができるのは原則的にATMからのみであることが多いですからその点は注意しましょう。

 

また、その際に振込み手数料はどうなっているのか注意しましょう。これは金融機関によっても対応が異なっているので、ホームページなどで確認して下さいね。

 

万一返済が遅れてしまったとき

ほんの少しでも返済が遅くなったらチンピラまがいの取り立て屋が自宅や職場に押し寄せるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、法律に従って貸金業をしている金融業者はそんなことはしません。

 

まずその金融業者のコールセンターより電話で連絡があります。お支払いの確認ができなかったため、連絡いたしました。というような、穏やかに連絡してきますから必要以上に不安がらなくても大丈夫です。ただし、この電話は連絡が取れるまで何度でも掛かってきます。

 

それでもずっと電話に出ないでいると、会社へ電話がきたり、家に郵便で催促状が来ます。こういう状況になるより先に、返済に無理をきたしているならできる限りこちら側から返済について相談してみましょう。貸金業者も貸したお金が回収できないのは困るので、きちんと返すつもりであれば相談に乗ってくれるケースもありますから。

 

数日程度の遅れであれば特に問題になるほどではないのですが、遅延損害金は発生する事は押さえておきましょう。キャッシング会社によりますがほとんどの場合年利20.0%もの高利率で期日に遅れた分だけ日割りでかかります。しかし一般的に2〜3ヶ月以上の滞納になると事故情報が信用情報機関に残ってしまいます。この事故情報はブラックリストなどとも言われています。

 

このような状態になってしまうと、信用情報にもとづく融資などを申込みしてもまずおりません。それから、クレジットカードの申込みにおいても信用情報を確認するので、ほぼクレジットカードの作成は無理でしょう。この事故情報が消えるまでの期間については、各信用情報機関によるところはありますが延滞ならば一般的には5年です。

 

ここまで返済についての基本的知識を解説してきましたが、お金を借りる際にはどれも非常に大切な事柄ばかりです。中でも返済が遅れた場合にどうなるのかについては必ず知っておくべき内容です。

 

大手キャッシング会社ではテレビに出てくるような暴力的なことは行いませんが、とは言えあまり気分は良くありません。そんなことにならないように、お金を借りるときは計画的にすることが大切です。